テストアプローチの実施でシステム導入提案の必勝パターンを構築

業種:システム開発
  • case
  • 営業支援システムの導入で費用対効果位の高い営業パターンを確立したシステム開発会社
  • 課 題
    受注につながりやすい営業方法に切り替えて利益率を上げたい
  • 施 策
    電話や手紙など複数の方法でアプローチを行い、費用対効果の高い営業パターンを確立した

営業支援システムの導入で費用対効果位の高い営業パターンを確立したシステム開発会社

▶効率的な営業パターンを確率するために支援サービスを導入

広報部:システム開発・販売を行う株式会社T様について教えてください。

                           

支援担当者:写真のネット販売システムを主な商材としている会社で、ある程度の受注は確保できていました。営業手法を見直し、ターゲットを絞ってより高い利益率を目指していきたいとのことから、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

                        

▶テストアプローチから効果の高い営業方法とターゲットを検証

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのでしょうか?

                         

支援担当者:電話や手紙など様々なツールを用いて、ニーズが見込まれる業界にテストアプローチを行いました。支援を続けていくうちに、写真館への電話アプローチが最も訪問アポイントにつながりやすいことがわかり、以後はそこに重点を置いて新規開拓を進めました。電話業務を弊社の在宅ワーカー含む支援チームが担当したことで、T様の人件費を抑えてアポイントを取得していくことができました。

      

▶支援9か月間で14社訪問、4件が受注見込みへ

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

      

支援担当者:支援を行った9か月間のアポイント取得率は1.54%で、訪問した14社のうち4社からの受注がほぼ確定しています。受注につながりやすい営業手法とターゲットを検証することができ、今後の新規開拓が軌道に乗ったことから、費用対効果の高い支援結果となりました。

ご質問

企業名必須
担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問内容