営業方法の見直しにより取りこぼさずに受注できる体制を確立

業種:店舗設計
  • case
  • 見込み客のフォロー強化でタイミングを逃さず受注できるようになった店舗設計会社
  • 課 題
    店舗デザインの受注を増やすために営業方法を見直したい
  • 施 策
    新規出店やリノベーションのタイミングを逃さないように見込み客のフォローを強化した

見込み客のフォロー強化でタイミングを逃さず受注できるようになった店舗設計会社

▶営業方法を見直し受注件数を増やすために営業支援サービスを導入

広報部:設計事業を行う株式会社L様について教えてください。

  

支援担当者:店舗設計を行っている会社で、なかなか受注件数が伸びないことに悩まれていました。ニーズは新規出店やリノベーションを行う時に発生するので、今後はそのタイミングを逃さずに受注につなげていきたいとのことから、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

      

▶定期的なメールマガジンの配信で見込み客のフォローを強化

広報部:そこで、どのような施策を取ったのでしょうか?

   

支援担当者:一度訪問した企業に向けて、キャンペーン内容などを記載したメールマガジンを配信しました。まずはテスト的に30社にお送りしたところ、早期にファーストフード店から約70万円の受注がありましたので、以後定期的に配信するようにしました。メール配信と営業電話は在宅ワーカーを含む弊社の営業支援チームが担当したことで、L様の人件費を抑えてアプローチを進めることができました。

      

▶タイミングを逃さず受注できる仕組みづくりに成功

広報部:今回の施策でどのような成果が出たのでしょうか?

    

支援担当者:メールマガジン経由で発注をいただけるケースが増えました。訪問を省いて受注できるようになったことから、費用対効果の高い営業体制が構築できたとご満足いただいております。見込み客に継続したフォローを行い、ニーズ発生時に先方からご連絡をいただける環境づくりを徹底したことが、タイミングを逃さず受注を獲得していけるポイントとなりました。

ご質問

企業名必須
担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問内容