営業支援サービスを利用した新規開拓で介護施設など4施設と契約

業種:食品卸売
  • case
  • 食品卸会社の営業支援を行い2か月間で4件の新規開拓に成功
  • 課 題
    営業支援サービスの導入で人件費を抑えつつ利益率が高い卸先を新規開拓したい
  • 施 策
    食品の安全性や品揃えを強みに病院・介護施設・保育園へアプローチを行った

食品卸会社の営業支援を行い2か月間で4件の新規開拓に成功

▶新たな業界への新規開拓を進めるために営業支援サービスを導入

広報部:食品卸を行う株式会社M様について教えてください。

                                         

支援担当者:大手乳飲料メーカーの製品を取り扱う食品卸売会社です。業界の一般的な販売先であるスーパーやコンビニとの取引では大きな利益が得られないため、利益率の高い顧客を開拓したいのことから、弊社の営業支援サービスを導入いただきました。

                                      

▶病院・介護施設・保育園にターゲットを絞り効率良く新規開拓

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのでしょうか?

                                       

支援担当者:食品の安全性を守り『東京都食品衛生マイスター』を取得していることや、少量・飲みきりサイズ商品を含めた卸ならではの豊富な品揃えを強みに、病院や介護施設、保育園に向けて電話営業を行いました。電話は弊社の在宅スタッフを含む支援チームがリスト作成から担当することで、M様の人件費を抑えました。アプローチを進めていくうちに保育園が最も訪問アポイントが取れやすく、介護施設は価格面で他社からの切替えニーズがあることがわかりました。

                                         

▶アポイント率4%、営業支援2か月間で4施設の新規開拓に成功

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

                                         

支援担当者:4%という高い確率でアポイントを取得できており、支援2か月間で4施設との契約に成功しました。アプローチを進めながら今後力を入れるターゲットが定まったことと、定期的な発注をいただける取引先を短期間で開拓できたことから、費用対効果の高い新規開拓ができたとM様にご満足いただいております。

ご質問

企業名必須
担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問内容