アプローチする時間帯とトークの工夫で飲食店からの受注率アップへ

業種:鮮魚販売
  • case
  • 鮮魚販売の営業支援でトークの改善を図り多数のアポイントを獲得
  • 課 題
    営業電話の強化でアポイント取得率を上げて受注を増やしたい
  • 施 策
    トークを簡潔にまとめ忙しい時間帯を避けて営業電話を実施することでアポイント取得率を上げた

鮮魚販売の営業支援でトークの改善を図り多数のアポイントを獲得

▶産直魚宅配販売の顧客を増やすために営業支援サービスを導入

広報部:鮮魚販売サイトを運営している株式会社F様について教えてください。

                        

支援担当者:サイト運営と並行して、産地直送の魚を少ないロットから宅急便で販売できる鮮魚店としてアプローチを行っています。営業電話を強化して飲食店の顧客を開拓していきたいとのことから、弊社の営業支援支援サービスを導入いただきました。

                             

▶忙しい時間帯を避けて簡潔なトークで飲食店へアプローチ

広報部:支援期間中はどのような施策を行ったのでしょうか?

                      

支援担当者:大手飲食情報サイトに掲載されている日本料理店、イタリアン・フレンチレストラン、居酒屋の料理長に向けて、業務が比較的落ち着いている時間帯に電話でアプローチを行いました。旬の魚や珍しい魚の名前を盛り込みつつ内容を簡潔にまとめ、短い時間で最大限のアピールができるようなトークを作成しました。営業電話は弊社の在宅ワーカー含む支援チームが担当することで、F様の人件費を抑えて見込み客を増やしていくことができました。

                            

▶アポイントと受注を多数獲得し利益率アップを実現

広報部:今回の施策でどのような成果が出ましたか?

                                    

支援担当者:アプローチする時間帯とトークの内容を工夫したことにより好感触が得られ、多くのアポイントや受注につながりました。小ロットでの注文も可能なことから、スポット注文をいただいている飲食店も多数出ているとのことです。すぐに受注には至らなくても見込み客も多数獲得できたことから、費用対効果の高い取組みになったと評価をいただいております。

ご質問

企業名必須
担当者名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問内容